藤田宜永を通販で買うなら

            

探偵・竹花 帰り来ぬ青春

価格:1,566円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
竹花のパリ時代の旧友で、有名作家の国分英二郎の遺体が軽井沢の別荘で発見された。警察は自殺と決めつけ、事件とはならなかったが、竹花は現場の状況に違和感を感じた。やはり自殺を疑う国分の娘・麗子の依頼で調査を開始した竹花だったが、事態は意外な展開に!
探偵・竹花 再会の街 (ハルキ文庫)

価格:950円 新品の出品:950円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:603円
カスタマーレビュー
愛しい人と己の信義を守るために、男も女も命を賭ける――麻布十番に事務所を構えている私立探偵・竹花に、 元大物総会屋から「別れた愛人とその娘を探してほしい」という依頼があった。 早速、居所を突き止めた竹花だが、そのマンションの前で何者かに襲われている母子に遭遇し助けることに。 そして竹花は予想外の事件に巻き込まれていく……。 酒と煙草と女と音楽を愛する、クールでタフな探偵・竹花が活躍するスリリングで心に沁みる傑作長編。(解説・大矢博子)
再会の街―探偵・竹花

価格:926円 新品の出品:5,513円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー
元大物総会屋の中里から、「愛人だった女性とその娘を探して欲しい」という依頼が舞い込んだ。 竹花がその娘の居場所を探しあて、訪ねていったところ不審な男たちと遭遇した。 竹花と助っ人の男が、彼女たちを助けるが・・・・・
女神〜探偵・竹花〜

価格:907円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,800円
カスタマーレビュー
大阪のロッカー屋から、竹花に荷物が届く。あいりん地区で行き倒れた男が、差出人に託したものだった。そして、ある女優から、竹花に届いた荷物が彼女の父親のものだと伝えてきた人を捜してほしいと依頼される。大阪の探偵・明珍太郎の協力を得て、竹花は調査を続けるが、依頼人の女優はやがて何者かの手にかかり――。東京と大阪を舞台に、起こった数々の事件。その背後にあったものとは?
ウサギ料理は殺しの味 (中公文庫)

価格:741円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:375円
カスタマーレビュー
木曜日にレストランでウサギ料理が出されると、決まって若い娘が殺される。とてつもないブラックユーモアに圧倒されること間違いなし! くせ者フランス・ミステリの傑作。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
悪徒 (角川文庫)

価格:617円 新品の出品: 中古品の出品:126円
コレクター商品の出品:2,268円
カスタマーレビュー
偽名を使い、多数の人を殺めてきた腕利きの榎波は、暴力団員が起こした動物惨殺事件を見逃すことが出来なかった。激情に駆られながらも、冷徹に暴力団員を射殺した榎波だったが、その完璧さが彼の運命を大きく狂わせていく。榎波の手口が他の伝説の暗殺者・花井と酷似していたことから、花井を追うことになった“影の弁護士”藤立。本来絡み合うはずのない二人が、再び出会うとき、未曾有の犯罪を巡る追跡劇がはじまる。※本書は二〇一二年十一月に小社から単行本で刊行された『ライフ・アンド・デス』を改題して文庫化したものが底本です。
血の弔旗

価格:2,376円 新品の出品:2,376円 中古品の出品:232円
コレクター商品の出品:1,051円
カスタマーレビュー
1966年8月15日、根津謙治は目黒区碑文谷二丁目にトラックを止めた。現金11億を奪うためだ。戦後の混乱期に金貸しをはじめて財を成した原島勇平の屋敷から岩武弥太郎、宮森菊夫の二人と共に強盗計画を実行にうつした根津だったが、アクシデントにより屋敷に居合わせたクラブのママを射殺する。カーラジオからはローリング・ストーンズの『黒くぬれ!』が流れていた。この強盗計画にはもう一人、川久保宏が関わっていた。彼の役割はアリバイ工作。4人は奪った金を隠し、4年後の山分けを約束する。事件は大々的に報道され、根津は厳しい取り調べを受けるが、4人の繋がりは誰にも知られず未解決のまま時は過ぎた。戦時中4人は疎開の為、別々の出身地からほんの僅かな期間、長野県の郊外で机を並べた仲だったのだ。事件後、根津は疎開先で世話になった教師・玉置00の娘・鏡子と再会し関係を持ち結婚する。4人でした約束通り、1970年の終戦記念日
血の弔旗

価格:2,160円 新品の出品: 中古品の出品:123円
コレクター商品の出品:1,300円
カスタマーレビュー
強盗殺人事件で得た金をもとに事業を始めた根津謙治の周りで奇怪な事件が次々に起こる。完全犯罪の綻びは太平洋戦争のさなかに結ばれた絆にあった。「誰が何のために?」混乱と疑心暗鬼の中、根津は煩悶する。袂を分かった男たちの軌跡が再び交差する時、昭和を生きた人間の業と事件の真相と明らかになる――。昭和の時代と風俗を克明に描写した熱き犯罪小説。
悪徒 (角川文庫)

価格:994円 新品の出品:994円 中古品の出品:292円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
完璧な暗殺だった──。 だが、運命の歯車は、 そこから狂いはじめる。偽名を使い、多数の人を殺めてきた腕利きの榎波は、暴力団員が起こした動物惨殺事件を見逃すことが出来なかった。激情に駆られながらも、冷徹に暴力団員を射殺した榎波だったが、その完璧さが彼の運命を大きく狂わせていく。榎波の手口が他の伝説の暗殺者・花井と酷似していたことから、花井を追うことになった“影の弁護士“藤立。本来絡み合うはずのない二人が、再び出会うとき、未曾有の犯罪を巡る追跡劇がはじまる。
失踪調査―探偵・竹花 (光文社文庫)

価格:926円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:300円
カスタマーレビュー
人は誰でも心に重荷を背負っている―――早川と名乗る台湾人の初老夫婦が、恵比寿にある竹花の事務所にやってきた。小学校時代の恩師・山浦を探してほしいという。早速居所を突きとめ、山浦を訪ねた竹花が目にしたのは、パキスタン人男性の死体だった・・・・・・(「苦い雨」)より)。他に「凍った魚」「レニー・ブルースのように」の全三篇を収録。煙草とコーヒーと女とジャズを愛する竹花が颯爽と活躍する、私立探偵小説の王道。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。