嵐山光三郎を通販で調べました

            

文人暴食

価格:1,944円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:231円
コレクター商品の出品:2,940円
カスタマーレビュー
野人・怪人と謳われた南方熊楠の好物はアンパン。本職が牛乳屋の伊藤左千夫は丼飯に牛乳をかけてもりもり食べたそうな。人肉嗜好の金子光晴は口腔内の頬肉を食いちぎって試食したというから驚きだ。そして美食家の折口信夫は若い頃のコカイン常用で殆ど嗅覚がなかったし、アル中の極みは若山牧水だった。ああ、食は人なり。三十七文人の食癖にみる近代文学史。『文人悪食』の続編。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。
仰臥漫録 (角川ソフィア文庫)

価格:2,700円 新品の出品: 中古品の出品:2,100円
コレクター商品の出品:4,980円
カスタマーレビュー
明治三四年九月、命の果てを意識した子規は、食べたもの、服用した薬、心に浮んだ俳句や短歌を書き付けて、寝たきりの自分への励みとした。生命の極限を見つめて綴る覚悟ある日常。直筆彩色画をカラー収録。
追悼の達人

価格:1,944円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
文士は追悼に命を賭ける。追悼ハ珠玉ノ感涙文芸デアル。
東京美女散歩

価格:810円 新品の出品: 中古品の出品:56円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。2007年より隔月連載されていた「東京美女散歩」、ついに書籍化!安西水丸さん自らが東京を歩き回り書いたエッセイと、イラストレーションは安西さんならではの視点から描かれたファン必見・必読の1冊
追悼の達人 (中公文庫)

価格:1,512円 新品の出品:4,261円 中古品の出品:1,100円
コレクター商品の出品:2,400円
カスタマーレビュー
追悼で、批判された漱石、痛罵された荷風、軽視された谷崎…追悼文から鮮やかに浮き彫りにされる、作家49人の生涯。
追悼の達人 (中公文庫)

価格:1,728円 新品の出品: 中古品の出品:800円
コレクター商品の出品:3,999円
カスタマーレビュー
夭逝、自死、その他さまざまな死のかたちは、作家の「人生」というもう一つの作品を完結させる重要なファクターとなる。漱石、荷風、谷崎、三島由紀夫ら明治・大正・昭和の文人四十九人に寄せられた追悼を通して、彼らの生身の姿を照射し、近代文学史の新しい一面を拓く。
追悼の達人 (新潮文庫)

価格:1,080円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
死んでけなされた漱石。切腹を許されなかった鴎外。追悼によって世に出た宮沢賢治。臨終の田山花袋に「死ぬ気分はどんなものかね」と訊ねた島崎藤村…死にまつわるエピソードは、小説家の生身の姿を鮮やかに浮き彫りにする。文人たちは知人の死をどう捉え、どう表現したのか?明治、大正、昭和の文士四十九人の死に寄せられた傑作追悼文や弔辞を通して、近代文学の新たな一面を語る。
NHK「100分de名著」ブックス 兼好法師 徒然草 NHK「100分de名著」ブックス

価格:972円 新品の出品: 中古品の出品:400円
コレクター商品の出品:700円
カスタマーレビュー
世の中は、せちがらい。だから“身軽”に生きるのだ。有名な序文「つれづれなるままに…」で始まる、誰もが一度は触れたことのある日本古典文学『徒然草』。隠遁者の説教じみた「無常観の書」と思われがちな本書であるが、その実体は、合理的な思考と鋭い洞察力に富んだ、確固たる「価値観の書」であった。名僧でも天才歌人でもない、“何者でもなかった人”の柔軟な精神が生んだ、人生を身軽に生きるヒントを探る。
東京美女散歩

価格:2,268円 新品の出品:2,268円 中古品の出品:706円
コレクター商品の出品:301円
カスタマーレビュー
2007年2月号より「小説現代」で隔月連載されいてた「東京美女散歩」をこのたび、刊行。2014年3月、急逝された安西水丸さん。安西さん自ら歩いて見て、聞いて、感じた東京。東京のど真ん中、赤坂生まれの安西さんならではの視点が随所に感じられるエッセイ集です。唯一無二のちょいゆる、そしてニヒルでシニカルなイラストレーションも必見。全44回を完全収録。
山口瞳「男性自身」傑作選 熟年篇(新潮文庫)

価格:853円 新品の出品: 中古品の出品:70円
コレクター商品の出品:750円
カスタマーレビュー
ガスの点火ができない/バターは食品の最高傑作/軍隊では、狡猾な男が褒められ、偉くなる/私は向田邦子処女説を支持/夏の終り、咲き残っているアジサイが好き/嫌いなのは「でしょうねえ」と受け答える人――週刊新潮で31年続いた名物コラム「男性自身」は、ユーモアとペーソスにあふれた出色の身辺雑記だった。今読んでも色褪せない傑作を熱烈ファンの嵐山氏が選び、再編集した。